重点活動(委員会)
  1. 県民の健康寿命延伸をめざした公益事業の推進
  2. 食と栄養の専門家としての資質を高める教育活動の推進
  3. 会員相互の新しい連携強化、関係機関及び関係団体との連携推進
  4. 災害時における、安全な食と健康を確保するための危機管理体制の構築
  5. 組織強化と会員増対策の推進
  6. 効果的な事業展開のためのIT 活用の推進
具体的事業実施計画(本会事業部)
会員一人ひとりが、管理栄養士・栄養士の専門性を高めるとともに、専門職能集団として県民の健康づくりや、 生活習慣病予防、介護予防に寄与できるように、関係機関との連携を図りながら、人材育成及び体制づくりを 目的として下記の普及事業や研修事業に取り組む。
① 一般公開講座「管理栄養士・栄養士スキルアップ研修会」
  山口県との「災害時支援」協定締結後の活動スタッフの充実を図り、災害支援活動を行う上で必要な、
  被災者の心理等を考えた活動を行うにあたり支援時のより良い関わり方について知識の習得を目的とする。
② 令和3年度(公社)山口県栄養士会新人研修会
  管理栄養士・栄養士の使命を理解し、専門職集団の一員として、県民の健康づくり等に寄与できるよう
  新人栄養士のスキルアップを目標とする。
③ 「在宅訪問栄養指導研修」研修会
  多職種との連携の中で、在宅訪問栄養指導を行う食の専門家として、県民の命と生活の質を守る栄養・
  生活支援活動をすることができるように在宅訪問栄養指導の充実を図るための研修を行い、在宅訪問栄
  養指導者の増加を図る。
④ 災害時支援体制強化事業
  災害発生時において、災害時の栄養・食生活支援の充実を図るため、「災害時栄養・食生活支援マニュ
  アル」の改訂およびYDA-DAT スタッフ養成の研修会と組織の構築を図る。
①「栄養の日」普及事業
  県内各地から発信する「栄養の日」の周知活動を推進する。
②「やまぐち栄養ケア・ステーション」推進事業
  栄養ケア・ステーションの円滑な運営及び提供サービスの向上のため、登録者に対する研修の実施と
  体制の整備を推進する。
③地域健康づくり事業
  地域事業推進委員会単位で企画・運営し、県民のために食に関する啓発事業や食生活改善のきっかけ
  となる「健康づくり」を推進する。
④栄養士サポート事業
  相談窓口の設置(毎週木曜日 午後1 時から3時まで コーディネーターが対応)
⑤健康づくりのための生活習慣見直しの普及事業
  「健康づくり」に関連するイベント等において、生活習慣見直しのきっかけづくりとなるような食と運
  動に関する啓発コーナーを設け、健康寿命延伸をめざすために減塩メニューの冊子を作成し広く県民に
  働きかける。
 
具体的事業実施計画(専門部会)
7つの専門部会が部会の専門性に応じ(疾病・福祉及びライフステージに対応した)、食と栄養の専門職としての資質の向上を図るための事業をおこなう。
8つの地域専門部会を設け、地域住民の健康寿命の延伸をめざすことを基本方針とし、地域特性に応じた食と栄養に関する公益事業を行う。
食と栄養の専門職として県民の疾病予防・生活習慣病予防、健康の保持増進を図るため、管理栄養士・栄養士の資質や技術の向上のための事業を行う。
(1)栄養士研究発表会
    管理栄養士・栄養士が、日常業務の中で課題を把握し、専門性の向上に繋がる方策について調査研究・
    発表を行うことにより、専門職としての資質向上を図る。また、各学会等で発表出来る様学会等基準に準
    じて応じて行う。
(2)生涯教育研修事業(基幹教育)
    管理栄養士・栄養士が、自ら自身の評価を行い、到達目標を決定して研修計画を立て、自己研鑽の実践
    と記録を行うというPDCAサイクルに従ってスキルの向上をめざす。また、PDCAサイクルで研鑽
    を積み、管理栄養士・栄養士が「信頼できる専門職」であるとの社会的評価を得ることを目的とする。
    今年度の「基本研修」は、zoom 開催を基本に県外講師による講習を予定している。また、専門分野に
    おいては、専門性を高めるために多くの研修が企画されている。